介護施設・優良老人ホーム・有料老人ホームをお探しの方。後悔しない施設選びをプロが無料で全力サポート!

HOME 基礎知識

基礎知識

一言に老人ホーム・介護施設と言っても実は様々な種類があります。施設の種類や特徴をきちんと理解し、ご希望やご要望に合う老人ホームを探しましょう!

介護付有料
老人ホーム
住宅型
サ高住
地域密着型
サービス
グループ
ホーム
高齢者住宅 介護保険施設

介護付有料老人ホーム(特定施設入居者生活介護)

介護付有料老人ホームとは、各都道府県から介護保険の「特定施設入居者生活介護」の認定を受け、介護・食事・アクティビティ・生活支援・健康管理・生活相談のサービスを包括的(サービスのシェア)に提供する老人ホームをいいます。
介護等が必要となった場合、ホームが提供する介護サービスである「特定施設入居者生活介護」を利用しながら、ホームでの生活を継続することができる老人ホームです。

最近の介護付有料老人ホームの傾向としては、各ホームともにリハビリ強化型、医療連携強化型、認知症ケア強化型など、特徴の打ち出しに注力しています。そのあたりもしっかり確認してホームを選びましょう!

介護付有料老人ホームのメリット

  • どんなに介護が必要になっても、定額の介護保険料以上は費用負担がございません。
  • 定期的な監査が入るため一定以上のサービスの質が約束されています。
  • 終の棲家としてお過ごしいただけます。
介護付有料老人ホームのメリット

介護付有料老人ホームのデメリット

  • 実質さほど介護サービスが必要でなくても介護認定に応じた介護保険料を満額支払わなくてはなりません。
  • 在宅介護のような個別のマンツーマンでの介護サービスを受けることはできません。
介護付有料老人ホームのデメリット

こんな方におすすめ

  • 要介護以上の介護認定を受けている方
  • 随時ケア対応が必要な方
  • 恒常的な介護サービスが必要な方
  • 一人暮らしが不安な方
  • いろんな方と過ごされるのが好きな方
  • メリハリのある生活が好きな方など

補足

※特定施設入居者生活介護とは・・・
人員・設備・運営基準が設けられ、特定施設に入居している要介護者も自宅と同様に介護保険を使って、入浴、排せつ、食事などの介護その他の日常生活上の世話や機能訓練、療養上の世話を受けられるというサービスです。

住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅

住宅型有料老人ホームは、厚生労働省が管轄している老人ホームで、老人福祉法に基づき運営されております。一方サービス付き高齢者向け住宅は、国土交通省が管轄している老人ホームで、平成23年10月に改正された高齢者住まい法、宅建法に基づき運営されております。介護サービスの受け方は自宅と変わりはありません。個別にケアマネジャーにプランを作成いただき必要に応じて必要な分だけの個別介護サービスを受けることができます。

在宅と比べても介護サービスの提供方法に違いはありませんが、住宅型有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅では、それぞれの介護サービスの提供方法により、合う、合わないホームがございます。そこで弊社では独自の基準に基づき、よりご理解頂き易いように提供方法の形態を3種類に分類し、適切なホームにご入居頂けるようにご説明させていただきます。(なおこちらの分類は公的なものではなく弊社独自の基準となりますことをご了承ください)

1自立型

居室内にお風呂がついている点が最も重視している形態です。おうちの中で介護事故が、最も多く起こる場所がお風呂場です。うっかり足を滑らせ転倒、急な温度変化によるヒートショック現象の血圧乱降下により転倒。そのリスクが最も多い場所を、あえて高齢者の個室内に設置をしているので自立型と称しています。 お住いになる目安としては、トイレ介助なしが一つの目安かと思います。

住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅のメリット

  • ご自宅と同じような生活が可能です。
  • 相談員が1名以上常駐していますので、緊急時も安心です。
  • 室内の構造上の設計が高齢者用となっているため安心です。
  • 入浴をご自宅と同じように個別でお楽しみいただけます。
  • 入居者様が比較的元気な方たちが多いです。
  • 居室が比較的広いホームが多いです。
  • 共有設備が充実しているホームが多いです。
住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅のメリット

住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅のデメリット

  • 随時対応が必要となった場合に、転居が必要となる可能性があります。
  • 居室内での転倒リスクが高くなります。
住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅のデメリット

こんな方におすすめ

  • 要介護認定をまだ受けてはいないが、ご自宅での生活が不安な方
  • 要支援1から要介護2ぐらいまでの方で、排せつ介助が必要ない方
  • ご自宅と変わりのない生活がしたい方
  • 広い居室をご希望の方
  • 福祉用具など居室環境を整えれば生活できる方

2在宅介護サービス併設型

同一建物内に居宅介護支援、訪問介護、訪問看護事業所などが併設されている形態です。

住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅のメリット

  • 随時対応が可能です。
  • 事務処理上の区別はありますが、同じスタッフが介護サービスを提供しているのでご入居者様は安心感があります。

    ご入居者様からはわかりにくいですが、ケアプランでの定期的な介護サービスは事業所のスタッフとして訪問し、随時対応などのケアプランで対応できない介護サービスはホームのスタッフとして対応します。

  • ご自宅の時に利用していたデイサービスなどの介護サービスの事業所を自由に選べます。
住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅のメリット

住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅のデメリット

  • 個別のケアプランが基本となるため、重度になったときにプランオーバーなる場合があります。
  • 随時対応できるスタッフの人員が少ない可能性があります。
住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅のデメリット

こんな方におすすめ

  • お気に入りのデイサービスに通いたい方
  • 排せつ介助や認知症などの随時対応が必要な方
  • 要介護認定は高いが、介護サービスを点数一杯に使わない方

3施設介護サービス併設型

同一建物内にデイサービス、小規模多機能が併設されている形態です。主にデイサービスが併設されているホームがあります。デイサービス併設型の場合は、デイサービスのご利用が基本となることが特徴です。7時間から9時間デイサービスを利用いただき、その中で食事、入浴、介護サポート、レクリエーションなどのサービスをご利用します。

住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅のメリット

  • 月額費用の抑えられた低価格のホームが多いことが挙げられます。
住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅のメリット

住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅のデメリット

  • 日中ほぼ毎日デイサービス利用が必須となっており、出入りは自由にできません。
住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅のデメリット

こんな方におすすめ

  • 常に見守りが必要な方には向いています。基本的には7時間~9時間という介護サービスの枠でデイサービスを利用し、食事3食、入浴はデイサービスでとることができます。

耳寄りな話

現在はまだ多くはありませんが、今後増えてくることが考えられるのが小規模多機能併設型サ高住です。小規模多機能サービス自体は、まだ広く認識されていないことと、内容を理解するのが難しいとのイメージがありあまり普及はされていませんが、ご利用しやすいサービスです。 訪問、通い、泊りの3つのサービスが柔軟にご利用いただけます。イメージ的には訪問介護、デイサービス、ショートステイに似た介護サービスが包括的に利用できるということです。ただし訪問介護、デイサービス、ショートステイといったサービスでは、介護保険のルール上、柔軟な対応ができません。

そこで柔軟な対応ができるサービスとして小規模多機能が誕生いたしました。 デイサービス併設型は随時見守り以上の介助が必要な方には有効なホーム、小規模多機能併設型は比較的自由度が必要な方、もしくは柔軟な介護サービスが必要な方などが向いているホームです。

地域密着型サービス

地域密着型サービスとは、要介護者が住み慣れた自宅や地域での生活が継続できるための介護サービスです。 地域ごとに介護サービスが提供され、その市区町村域の住民だけが受けられます。市区町村によっては実施しているサービスの種類に違いがあります。

グループホーム(認知症対応型共同生活介護)

グループホームとは、入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話及び機能訓練が受けられる、要介護者で認知症の方が共同生活を送る住居です。住み慣れた地域で生活を継続できるように利用するサービスで地域密着サービスの一つです。同じ市区町村域の住民だけが受けられるサービスです。看護師が常駐していないため、慢性的な医療補助行為が必要なく、比較的介護認定が軽い認知症ケアを主とした方に向いているホームです。

グループホームのメリット

  • 認知症ケアの専門サービスが受けられます。
  • 住み慣れた地域のホームで過ごせます。
グループホームのメリット

グループホームのデメリット

  • 人気がありすぐに入居できない場合があります。
  • 看護師が常駐はしておりません。
グループホームのデメリット

こんな方におすすめ

  • 軽度の認知症の方
  • 認知症は患っているが、ADL(日常生活動作)の状態が良い方
  • レビー小体型認知症の方。(こちらについては賛否がございます。)

高齢者住宅

自称高齢者向け住宅のお住まいです。介護施設は基本的には許認可制もしくは登録制となっておりますが、そのどちらにも属さないのが自称の高齢者住宅です。

カテゴリーは一般のアパート、マンションといったくくりになりますが、主として高齢者の受け入れを行っています。シニアホームの窓口では有料老人ホームとして登録がない住まいのご紹介は行っていません。高齢者対象のお住まいで、行政の管理下に属していない場合は3年後、5年後の状況が大きく変わる可能性があるためご紹介から外させていただいております。自己責任のもとでご検討ください。

介護保険施設

介護保険施設とは、介護保険上の施設サービスを提供する施設のことです。介護保険三施設と呼ばれることもあります。
※施設サービスとは、施設に入所して受けるサービスを言います。

1特別養護老人ホーム(特養・介護老人福祉施設)

日常生活の介護や機能訓練、レクリエーションなどを中心に介護サービス提供する施設です。

寝たきりや重度の認知症など、要介護度が高い人や常に介護が必要で、自宅で生活することが困難な人が利用します。
特養は入居希望者が多く、都市部ではほとんどの施設が満室の状態です。2012年の発表では全国で40万人以上が待機しており、入所まで数か月から10年程度といわれています。入居を希望する場合は待機人数や待機期間などケアマネジャーまたは施設に相談したほうがよいでしょう。

特別養護老人ホームのメリット

  • 住み慣れた地域にあり、低価格で入居できます。
特別養護老人ホームのメリット

特別養護老人ホームのデメリット

  • 人気があるためすぐに入居することができない場合が多くあります。
  • 入居資格が基本的には要介護3以上となります。
特別養護老人ホームのデメリット

こんな方におすすめ

  • 医療依存は少なく、在宅での生活を続けながら順番が来るのを待てる方

2介護老人保健施設(老健)

病状は安定し病院から退院はできるが一定の介護とリハビリが必要で、自宅生活が困難な要介護者がリハビリを中心として在宅復帰を目指す中間施設です。要介護1以上の認定が必要です。老健を終身入居施設と誤解されている方もいらっしゃいますが、入所期間は原則3か月間が目安となります。「老健巡り」などの言葉があり少なからず何年も入居されている方もいらっしゃいますが今後是正されていくことが考えられます。

介護老人保健施設のメリット

  • 自宅に戻る前にリハビリができ治療後の自宅生活の練習ができます。
介護老人保健施設のメリット

介護老人保健施設のデメリット

  • 3か月間という期限があります。
介護老人保健施設のデメリット

こんな方におすすめ

  • 一時的に筋力低下があるがリハビリを行えば、安全にご自宅に戻り在宅生活が可能な方

3介護療養型医療施設

慢性疾患を有し、長期の療養が必要な方のために、介護職員が配置された医療機関(施設)です。要介護1以上の認定が必要です。

病状は安定していても自宅での療養生活は難しいという方が入所して、必要な医療サービス、日常生活における介護、リハビリテーションなどを受けることができます。特別養護老人ホームや介護老人保健施設に比べて、医療や介護の必要度が高い方を対象にしています。現実的な入居基準のイメージは完全寝たきりの方になっております。ベッド上からの移動ができない方が対象で、移動が可能の方などには不向きな施設となります。

介護療養型医療施設のメリット

  • 入院日数に期限がないため、ずっと入居していることができます。
介護療養型医療施設のメリット

介護療養型医療施設のデメリット

  • 基本的には寝たきりの方の入院が基本となります。ベッド上で体動が大きく危険と判断された場合は拘束されることがあります。
介護療養型医療施設のデメリット

こんな方におすすめ

  • 寝たきりの方で慢性的な医療行為が必要な方