シニアホームの窓口ナビPRESS

介護の1から100まで 介護の1から100まで
【失敗談あり】高級老人ホーム選びで失敗しない4つのコツを丁寧に解説!

【失敗談あり】高級老人ホーム選びで失敗しない4つのコツを丁寧に解説!

・高級老人ホームの失敗しない選び方を知りたい ・高級老人ホームに入った失敗談を知りたい ・高級老人ホームの雰囲気になじめるのか不安 家族に高級老人ホーム入居をすすめたい人の中には、このように考えている人もいるでしょう。 高級老人ホームは、豪華な設備とスタッフの手厚いサポートが特長の施設です。 医療や介護の体制がしっかりとした老人ホームに入居させたいと思う反面「自分の家族は他の入居者となじめるだろうか」と不安になりますよね。 そこでこの記事では、以下の内容について解説します。 ・高級老人ホーム選びで失敗しない4つのコツ ・高級老人ホーム選びでの失敗談 ・高級老人ホーム選びで失敗しない5つの見学ポイント 高級老人ホーム入居について、不安や疑問がある人は、ぜひ参考にしてください。

2024-04-12 公開

認知症高齢者が寂しがる場合の悩みを解決!対応策やリスクを詳しく解説

認知症高齢者が寂しがる場合の悩みを解決!対応策やリスクを詳しく解説

・同居中の高齢者が「いつも一人で寂しい」と言うようになった ・寂しい気持ちにさせるのは、自分たちの対応がよくないのだろうか ・家族でフォローしきれない部分は誰に相談すればよいのだろう と悩んでいませんか? 大切な家族を寂しがらせたくない気持ちから、認知症の高齢者の接し方に迷うこともあるでしょう。 認知症高齢者の「寂しさ」の原因は、不安や記憶障害もあり、周りの人の対応が困難なケースもみられます。 その際に寂しさをまぎらわせるには、介護の専門家の協力が効果的です。 この記事では、以下の内容について解説します。 ・認知症高齢者が寂しがる場合の3つの基本的対応 ・認知症高齢者が寂しがる5つの理由 ・孤独感が認知症高齢者にあたえる4つのリスク ・認知症高齢者の寂しさを軽減する3つの方法 ・認知症の高齢者が寂しがる場合には周りの理解や適切なサービスが必要 認知症高齢者の寂しさを解消したい、とお悩みの方はぜひ参考にしてください。

2024-04-11 公開

要介護3でも自宅介護は可能!無理なく続けるコツをケアマネジャーが解説

要介護3でも自宅介護は可能!無理なく続けるコツをケアマネジャーが解説

・親が要介護3になったけど自宅で生活できるの? ・要介護3の親を自宅で介護できるか不安… ・要介護3の場合、施設入所しなくても大丈夫なのだろうか このように考えている人も多いでしょう。 結論からお伝えすると、要介護3でも自宅介護は可能です。 訪問介護や住宅改修など、必要な介護サービスを利用すると自宅でも十分に生活できます。 そこで今回は、ケアマネジャーの視点から以下について解説します。 ・要介護3でも自宅介護は可能 ・要介護3の親の自宅介護を無理なくつづけるコツ ・要介護3の親を自宅で介護する際に利用すべき介護サービス ・要介護3の親の自宅介護が難しくなったら施設入居も視野に入れよう ・要介護3の自宅介護に関するよくある質問 要介護3の親を自宅で介護するにあたって不安に感じている人は、参考にしてみてください。

2024-04-07 公開

介護疲れに悩んだときの相談先や軽減する方法をケアマネジャーが解説

介護疲れに悩んだときの相談先や軽減する方法をケアマネジャーが解説

●親の介護に疲れたけど、どこに相談していいのかわからない ●介護疲れを軽減する方法を知りたい ●どうしてこんなに介護で疲れてしまうのだろう このように考えている方も多いでしょう。 結論からお伝えすると、介護に疲れたときの相談先は、以下の8つです。 ・ケアマネジャー ・地域包括支援センター ・社会福祉協議会 ・医療機関の相談室 ・市区町村の窓口 ・民生委員 ・シルバー110番 ・若年性認知症コールセンター 介護疲れは徐々に蓄積していくため、介護者が心身に不調をきたさないうちに、介護サービスの利用や施設入居を検討する必要があります。 そこで今回は、ケアマネジャーの視点から以下について解説します。 ・介護疲れを感じた場合の相談窓口一覧 ・介護疲れを軽減できるオススメの介護サービス ・介護疲れを感じる理由 ・介護疲れがつらいなら施設入居も検討 介護疲れがつらくて誰かに相談したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

2024-03-31 公開

【看護師が解説】高齢者の難聴に効果的な8つの対策と注意すべき初期症状

【看護師が解説】高齢者の難聴に効果的な8つの対策と注意すべき初期症状

●耳が聞こえづらくなってきた親とスムーズに会話したい ●高齢の親が耳鼻科を受診したがらないため困っている ●高齢な親の難聴を進行させない方法はあるのだろうか と思うことはありませんか? 耳が遠くなった親御さんともスムーズな会話をしたいですよね。 それには、効果的な接し方や補聴器の適切な利用が欠かせません。 なぜなら、相手に寄り添い適切に接することで、信頼関係を築きながら会話の成立が可能だからです。 この記事では ●高齢者の「難聴」に効果的な8つの対策 ●高齢者の難聴で注意したい4つの初期症状 ●高齢者の難聴がおよぼす悪影響 ●高齢者難聴の進行を遅らせる生活習慣6つ について詳しく解説します。 耳が遠くなってきた親御さんとの楽しい会話を続けるために、ぜひこの記事を参考にしてください。

2024-03-30 公開

80代高齢者に合った趣味を探す方法を理学療法士が解説!オススメ趣味も

80代高齢者に合った趣味を探す方法を理学療法士が解説!オススメ趣味も

・80代の高齢の親に生きがいをもって暮らしてほしい ・趣味を始めるためにどのように探せばいいの? ・高齢者にオススメの趣味を知りたい このような悩みや疑問をおもちではないでしょうか。 結論からお伝えすると、80代の高齢者が安心して趣味を始めるには、本人の好きなことを参考にしたり、近所の方や自治体へ相談したりするのが大切です。 本人が安心して楽しめる趣味があると、年齢を重ねても生きがいをもって、充実した毎日を送れるでしょう。 そこでこの記事では、以下の内容を解説します。 ・80代高齢者が楽しみながらつづけられる3つの趣味の探し方 ・80代高齢者の趣味探しにおける3つの重要なポイント ・80代高齢者でも安心しておこなえるオススメの趣味7選 ・80代高齢者こそ新しい趣味を始めるべき3つの理由 記事の最後には、趣味を見つけて暮らす新たな選択肢として、自立型施設への入居についても紹介しています。 ぜひ最後までお読みください。

2024-03-29 公開

認知症の妄想はいつまで続く?対処法やストレス軽減方法を保健師が解説

認知症の妄想はいつまで続く?対処法やストレス軽減方法を保健師が解説

・認知症の妄想はいつまで続くのか知りたい ・認知症の妄想への対処方法が知りたい ・認知症の妄想が強い家族が入所できる施設を知りたい このような考えをお持ちの方もいるでしょう。 事実とは異なる言動、いわゆる「妄想」は認知症の症状のひとつです。 妄想からくる言動は、最も身近で介護をしているご家族への訴えが強く、介護の大きなストレスになりかねません。 状況によっては、「もう自宅での介護は限界だ」という気持ちになるでしょう。 そこでこの記事では、以下の内容について解説します。 ・認知症による妄想はいつまで続くのか ・認知症の妄想を軽減させる介護する側の対処法 ・認知症による妄想で家族が介護ストレスを感じたときの対処法 ・認知症による妄想に対応できないときは施設入所を検討しよう 高齢者本人の認知症による妄想にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

2024-03-28 公開

【現役理学療法士が解説】高齢者が杖を嫌がる3つの理由とその対策とは?

【現役理学療法士が解説】高齢者が杖を嫌がる3つの理由とその対策とは?

・高齢の親が杖を使いたがらず困っている ・杖を嫌がるときの対策を知りたい ・本人に合った杖の選び方を知りたい このようにお考えではないでしょうか。 高齢者に杖を使ってもらうには、まず杖を嫌がる理由を把握するのが必要です。 高齢者が杖を嫌がる理由には、杖に対する思いや自分の身体に対する受け止め方など、さまざまな要因があります。 思いや考えを尊重し、本人に合った対策をおこなうことで、安心安全な暮らしにつながるでしょう。 そこで今回は、以下の内容を解説します。 ・高齢者が杖を嫌がる3つの理由 ・高齢者が杖を嫌がる場合の3つの対策 ・高齢者の杖を選ぶ際に重要な3つのポイント ・高齢者が杖を使うメリットデメリット 記事の最後には、高齢者の杖に関するよくある質問にお答えしています。 ぜひ最後までお読みください。

2024-03-27 公開

【必見】認知症による徘徊への適切な対応方法を介護福祉士が徹底解説

【必見】認知症による徘徊への適切な対応方法を介護福祉士が徹底解説

・認知症の徘徊に対する適切な対応方法を知りたい ・認知症による徘徊への対応が遅れると、どのような危険があるか心配 ・介護の負担を少しでも減らしたい このようにお考えではありませんか? 認知症の方による徘徊は危険も多いため、適切な対応方法が気になりますよね。 結論からお伝えすると、認知症の徘徊には、介護者による対応の工夫や徘徊に適した道具の使用により、適切に対応できます。 正しい対応をすると、認知症の方に安心してもらえるでしょう。 そこで今回は、認知症への対応に詳しい介護福祉士が、以下について解説します。 ・認知症による徘徊への基本的な対応姿勢 ・認知症の徘徊が改善されない場合の対応方法 ・認知症による徘徊は環境整備も重要 ・認知症による徘徊への対応が遅れることでの3つのリスク ・認知症の徘徊による負担を軽減するポイント 認知症による徘徊への対応で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

2024-03-26 公開